清風楼

午後4時と遅めの時間ということもあって店内はガラガラ。これはラッキー。きちんとした1人前チャーハンを作ってくれそうだ。 「炒飯!」と注文すると、「普通ですか?」と店員さん。なになに?普通じゃない炒飯もあるの?面白い。でもまずは普通からでしょ。 でーん! なんじゃこりゃ・・・。もの凄い量だ。しかし、ドンブリに入ったチャーハンがあるなんて・・・。 ぱくっ。 ぬおおおおぉ! こ、これは美味しい!味がしっかりしていて、理想のチャーハンに近い。しかも、ドンブリだからか、ご飯がアツアツなのだ。ハグハグ言いながら食べる食べる。幸せなひとときだ。 し、しかし・・・。食べても食べても減らない。 ひゃー美味いぞこれ!→ 美味いなぁ・・。→ うんうん。→ で?死ぬ?。と、ドンブリの底が見えかけた頃には、こんな状態になってしまう。 これは明らかに店側の戦略ミス。半分の量にすれば、きっと、すげー美味しかった、また行こう!になるだろうに・・・。次は特上を試してみよう。朝、昼抜いて夜に。

炒飯(並)(700円)

上チャーハン(1200円)

関連リンク

コメント(2)

tak :

始めまして(^^♪

今日、これから横浜に行くので、
清風楼のチャーハンを食べたいと思います。

Anonymous :

うまそうーーーーーーーーーーーーーーー

コメントする