まずいチャーハン: 2007年3月アーカイブ

中華街を歩いていると、大通りに「チャーハンランキングNo.1」と書いてある看板を見つけた。

店の名前は・・・・あっ、同發新館だ。偶然にも僕のチャーハンランキングの順位と一緒。も、もしかして?と思い、お店の人に聞いてみた。

「チャーハンランキング1位なんですね。」

「おかげさまで。そうなんですよ。」

「テレビとかなんですか?」

「インターネットでね。個人の方がホームページでやられているみたいで。」

「へー、そうなんですか。」

ピンときた。うちのサイトだ。なんだか恥ずかしい。

「それって僕が作っているホームページなんですよ。宣伝で使っていいから、1年間チャーハンをタダにしてよ。」

とは、言わなかった。こういうのは黙っているのが一番だろう。

本当は違う店に行く予定だったが、味を確かめるべく店に入ってみた。注文は、1位の「XO海鮮炒飯」では無く、普通の「五目チャーハン」にした。

五目チャーハン(1050円)

あれ?ご飯がベタベタ。1位の「XO海鮮炒飯」と全く印象が違う。それに席が2階だったせいか、凄く冷たい。味もぼやけた感じで一言で言うとマズい。

同發新館はランキング的には降格だろう。こういう場合があるので、チャーハンランキングで上位だからと安易に行くのは止めましょう(笑)。味の好みも違うし、食べた時の混み具合、料理人の腕でかなり左右されます。それだけチャーハンは難しいってことですね。

ちなみに行きたかった店というのは「愛群」。夢が壊されてしまいそうで、行くのが怖くなってきた(笑)。